ごきげん家族

イライラ・ガミガミの子育てを卒業して、毎日わくわくの子育てを目指すブログ

【子育て】女子のママが、男子のママに学校の様子を伝えるときに気をつけていること

f:id:thrift:20191104220033j:plain
こんばんは。ごきげん家族の妻こっちです。

 

前回は学校のことをはなしてくれない男子のママさんは、息子を質問攻めにするより女子ママに聞いた方がいいよ!という内容でした。

thrift.hatenadiary.jp

 

今日は前回のつづきです。

女子ママが、男子のママに

「〇〇ちゃん、うちの息子のことなにか言ってなかった?」

と聞かれたときの、答え方をご紹介します。

 

目次

 

男子ママから聞かれるまで話題にしない

女子ママは娘からの情報が豊富にあるので、わが子と仲良しのお友だち以外のクラスメイトのこともけっこう知っています。

 

娘にとって嫌なこと、例えば

「AくんとBくんはいつも喧嘩してる」

「Cくんいつもイライラしてるし、暴言吐くんや」

というはなしもしてきます。

 

わたしは

「まぁそれぞれの家庭環境があるし、そういう子がいるのは当たり前だよね…」

というスタンスなので、娘がそうとう困ってない限りこういう話題はさっと受け流しています。

 

学校での集まりがあって、Aくんのママとおはなしするときも

「そういえば、AくんとBくんといつも喧嘩してるそうだけど大丈夫?」

とわたしから話題にすることは絶対にしません。

 

基本的に男子ママから

「るっちちゃん、うちの子のこと何か言ってなかったですか?」

と聞かれるまで黙っています。

 

娘のはなしを直接伝えない

Aくんのママから、Aくんの学校での様子を聞かれても、娘のはなしを直接は伝えません。

 

娘がわたしに伝えてくる情報は、娘の主観100パーセントです。

なので、娘にはAくんとBくんが喧嘩しているように見えているけど、本当はふたりでじゃれあっているだけの可能性もあります。

 

f:id:thrift:20200828131233p:plain

そこを親が大げさにとらえて

「じつはね、AくんがねBくんと喧嘩してるそうですよ」

なんて伝えてしまうと、後でとんでもないことになりかねません。

 

Aくんママが、担任の先生に詰めよるかもしれませんしね。

 

こういう場合、わたしは娘のはなしから感じたAくんの印象だけを伝えています

また、なるべくBくんなどの特定の子の名前を出さないようにしています。

 

「Aくん休み時間は、お友だちと戦隊ごっこみたいに遊んでるって、聞いたことありますねぇ」という感じで、ママさんにお伝えします。

 

特定の子の名前を出さない

Bくんという特定の名前を出さない理由は、Aくん家庭とBくん家庭の関係が分からないからです。

 

子ども同士だけの良好な関係ならいいのですが、じつは前の学年でお家の方同士で話し合いが必要なほどのトラブルがあった可能性もあります。

 

わたしはそんなことは一切知らないので、気にせずお伝えすれば良いのかもしれませんが…。

 

男の子同士のトラブルはけっこう耳にします。

わたしが伝え方を間違えると、ママさんを心配させることになります。

 

なので男の子ママさんとは、慎重にななすようにしています。

 

男子には母に知られたくない姿がある

数年前のことです。

姪っ子なっつが小2のとき、毎日クラスメイトのお調子者男子のエピソードを話してくれました。

 

その子は、毎日クラスの女子を楽しませようと?笑わせようと?とにかく必死なんですよ。

f:id:thrift:20200828132017p:plain

  • 給食中に向かいの席にいる女子が牛乳を飲むと、必ず変顔をして女子が牛乳を吹き出すのを狙う。
  • そうじ時間に、ろうかに寝そべって「オレは全身ぞうきんだー」と言いながらゴロゴロころがり回る。
  • とうとう休み時間にクラスメイトの男子と運動場で遊ぶのをやめて、図書館で「うんこ」がのっている本を探しだす。
  • 手に入れたゴリラのうんちの絵本を、給食中に油断している女子に見せて、牛乳吹き出しを誘う。

こんなことを毎日、楽しそうに教えてくれるんです。

もうこの男の子、一日中女子から笑いをとることだけを考えて生きてる子なんですよ。

 

それでね、わたし当時この男子のママさんと同じ役員してたのでけっこう親しくしてました。

 

このママさんの口癖

「うちの長男はすごく、優しくてね。女の子なんて興味ないってかんじなのよ」

 

わたしは「えっ!いやあなたのご子息…めっちゃ女子にがめついですよ…」と言いたかったですが、そこはグッとこらえました。

 

きっとこの男の子は、家と学校で姿がガラッと変わるタイプなんでしょう。

家で、女子の名前は口にしないようにしてるでしょうしね。

 

男の子にはママには知られたくない姿があるんだなと知りました。

 

女の子ママは、男の子ママにご子息に別の顔があることを知らせてしまわないように気をつけましょうね。

 

さいごに

やっぱり子どもつながりでママ同士が仲良くなって、ママ友になるケースが多いですよね。

 

なので、どうしても自分の子どもとは違う性別のママさんと親しくする機会が少なくなってしまいます。

 

わたしも経験上、男子のママさんとは女子のママさんほど仲良くなれませんね。

 

また、学年が上がるにつれ発達の違いも顕著になってくるので女子ママと男子ママで悩みも全然違ってくるようです。

 

PTAの集まりであらためて男子ママさんたちのおはなしを聞いて、わが家にはない悩みで困っていることを知れて勉強になりました。

 

これからは、わたしも積極的に男子ママさんたちと関わっていこうと思います。

 

それでは明日もごきげんで子育てを楽しみましょう⭐︎

 

おわり