ごきげん家族

イライラ・ガミガミの子育てを卒業して、毎日わくわくの子育てを目指すブログ

【雑記】兄弟のいざこざ。

こんばんは。ごきげん家族の妻こっちです。

 

わが家ではカードゲームが流行っています。

 

毎日、学校帰りにおばあちゃん宅に集まってウノ大会が行われます。

 

メンバーは子ども4人と大人1人。

 

子ども相手でも本気の31歳です。

 

今日はゲーム中ある事件が起こりました。

 

幼稚園の甥っ子(弟)と小学2年生の甥っ子(兄)の兄弟が…

兄が弟に手札を見られたと思い

「カードみたやろ!さいてい!わるいぞ!」

と弟を強く責めました。

 

弟はいきなり言いがかりをつけられ

「みてない!」

と言い返しますが、兄には敵いません。

 

お兄ちゃんは思い込みが激しい性格。

一度弟を疑うとなかなか折れません。

 

f:id:thrift:20190914122253j:plain

弟は泣きながら、玄関に走っていきました。

(おばあちゃん宅から家に帰ろうとする)

 

悔しくて大泣きの弟くん。

わたしはすぐに追いかけ抱きしめました。

 

「やめて!はなして!」

力いっぱい抵抗します。

 

わたしは、かまわず抱きしめて…

「悔しかったね。おばちゃんは、あなたがカードみてないこと、ちゃんとわかってるよ」

と伝えました。

 

すると、弟くんの体の力がすっと抜けました。

わたしの肩に顔をうずめます。

 

2回ほど「ひっくひっく」と泣き。

そのあとクシャッと笑った顔を見せてくれました。

 

よかった。笑ってくれて。

 

自分があらぬ疑いをかけられたとき、しかも誰も味方がいないとき。

一人でも自分の味方でいてくれる人がいるだけで、安心します。

 

大人にとって、兄弟の小さないざこざのようだけど。

子ども本人にとっては、心をえぐられるような出来事になる。

 

そんなことを学んだ一日でした。

 

それでは明日もごきげんで子育てを楽しみましょう⭐️

 

おわり